水泳の消費カロリーは?ダイエット向けの泳法&通い方

ダイエットには有酸素運動が必要だと叫ばれて久しい昨今、全身運動である水泳に注目が集まっています。ジョギングやランニング、ウォーキングも有酸素運動として思い浮かびますが、地上を走ったりする以上、膝や足首、腰などにどうしても負担がかかることを避けられません。痩せたいと思っているということは、体重過多な場合が多く、慣れない上に過度な負荷がかかると怪我の原因になりかねません。水中で無理なくできる運動として水泳は確かに理にかなっています。
水泳と聞くと、まず泳げる、泳げないという問題にあたります。カナヅチだから無理だとか、長い距離は泳げないという人には、水中ウォーキングという選択肢もあります。浮力のおかげで足腰への負担は減り、消費カロリーは増すので泳げない人にもお勧めです。

水泳の消費カロリーは?

実際泳ぐとどの程度の運動になるでしょう。一番ハードルが低い平泳ぎだと30分で250から300キロカロリー、クロールだと同じく30分で450から600キロカロリーと言われています。もちろん泳ぐ速さなどにより個人差はあるものの、ダイエットを考える時、消費カロリーとしては優秀です。30分ウォーキングをしても100キロカロリーも消費できないことを思えばその効率の良さが際立ちます。
泳ぐ時のコツはとにかくゆっくりと泳ぐことです。長く泳ぐためには正しいフォームの取得が必須です。慣れるまではしかるべき人に教えてもらうのが良いでしょう。
無理なく継続できるというのがダイエットには最も重要な要素です。最初から無理をし過ぎずに、疲れたら歩く位の余裕を持って続けてください。時間も、できれば1時間と言いたいところですが、30分でも15分でも脂肪は燃えます。できる範囲で30分で始めれば良いです。
水泳がダイエットに良い点は他にもあります。水中に入るだけで、体には1トンを超える圧力がかかります。大きな水圧の中で運動をすることで全身にマッサージ効果が期待できます。その効果は血流を促し、老廃物を体の外に出す手助けをしてくれます。痩せやすく、太りにくい体に近付けることができるのです。

水泳ダイエットの効果を更に高めるために…

ダイエットには有酸素運動が必要ですが、更に効率を上げるために行いたいのが筋トレです。筋肉の量を増やすことで基礎代謝を上げることが狙いです。基礎代謝が上がれば何も運動をしていなくてもエネルギーを消費する量が増えます。極端な話、寝ていても燃焼する脂肪の量が増えるという意味です。もちろん、運動をする上でも大きな筋肉を動かしたほうがたくさんのエネルギーを消費できます。女性の場合、筋肉質な体への抵抗感があるかもしれません。しかし、そんな簡単にムキムキになることはないので、安心して筋トレをしてください。
以上の理由から、水泳と筋トレを併用することが綺麗で健康的な体への近道と言えます。一般的なペースとしては、筋トレの場合、傷付いた筋肉を回復する時間が必要なので週2回がベストです。有酸素運動に関しては週4回はしたいところです。これを継続することで、痩せやすく太りにくい体作りと、脂肪を燃焼させる運動の相乗効果でダイエットは成功にぐっと近付きます。