スポーツジムの個人ロッカーは契約したほうがいいの?

スポーツジムに行くと、無料で使えるロッカーなどがあり、そこに荷物を置いて、フィットネスや筋トレなどに勤しむことができます。しかし、ビジネスマンのように仕事帰りにスポーツジムに行くとなると、シューズやウェア、タオル、着替えなど様々な物を仕事のカバンと一緒に持っていく必要があり、荷物だけで重いという状況が見られます。これではスポーツジムに行く気力が失せてしまうため、個人ロッカーを契約している人もいます。

個人ロッカーにも種類があり、色々な荷物を置いておけるところから、シューズやタオル、お風呂セットといった小物程度が入るところまで様々です。月額だいたい1000円程度のところがほとんどで、これにより荷物を持っていかなくても、そこにもうタオルなどが置いてあるため、仕事道具と一緒にタオルやウェア、シューズを持っていく手間は省かれます。もちろん、個人ロッカーを利用しない人もいますが、どれだけ頻繁に通うかが個人ロッカーを契約するかしないかの分かれ目となります。例えば、毎週1回ジムに行けるか行けないかという場合、月に3回、4回の利用で、かつ休みの日に行くとなると、わざわざ荷物を置いておく必要はあまりなく、その場合は無駄に感じます。週に2、3回行くとなると、毎月の利用は10回程度になります。そうなると、仕事終わりに行くことも想定され、毎月1000円で借りられるのであれば、1回につき100円程度という感覚のため、駅のロッカーに預けることを思えば割安です。行く回数が多ければ多いほど、個人ロッカーを借りるメリットは高まります。

また、ジムでどのような施設を利用するかも、利用のメリットがあるのかどうか関わってきます。例えば、エクササイズで行っている場合、お風呂で汗を流す、お化粧をするといったことをしなくてはならず、わざわざその準備を毎回してジムに向かうのは確かに面倒です。また、シューズを持ち歩くも意外と大変で、それだけで苦痛に感じてしまいます。だからこそ、ロッカーを借りるというのは合理的であり、持ち歩くことの大変さを考えれば決して高いものではありません。その一方、プールを利用している場合、置いておくべきものは化粧品ぐらいしかありません。1度使ったタオルは持って帰るか、ジムで貸し出してくれる場合はそれを使えばいいため、置いておく必要はなく、必然と個人ロッカーを借りる必要性はあまり感じません。

大事なことは、どれだけの回数、スポーツジムに通っているのか、そして、何をしにスポーツジムに行っているのか、この2つです。テニスやスカッシュなどシューズが必要な場合、それを置いておく場合、そして、週に2回以上利用する場合に契約すると、色々とメリットがあると言えます。反対に忙しくてあまり行けない場合や、近所にある場合などそこまでの負担とならない場合には無理に契約をする必要はありません。あくまで必要、もしくは便利だなと感じた場合に契約することをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です