スポーツジムで初めての筋トレ。持って行くと便利なもの

スポーツジムで初めてトレーニングを行う場合、最低限必要なものについてはパンフレットや契約の際にもらった説明のプリントに記載されています。
上靴や運動に適した服装、会員証などは絶対に必要になりますが、これは事前に教えてもらえるわけですから忘れるということはないでしょう。
ただスポーツジムでより満足できるトレーニングをするにはいくつか追加で必要なものもあり、特に必ず持って行きたいのが小さなバッグです。
トレーニングの際にはさまざまな機材を使ってトレーニングに励むことになるのですが、そのスペースは無制限に使えるわけではありません。
プライベートルームを使って良いのであれば問題はありませんが、そうではなく大きなホールにトレーニング機材が設置されている場合には自分の荷物をロッカールームに置いてからトレーニングスペースに行くことになります。
そのためトレーニングスペースに持ち込むのは最低限自分の身の回りに置いておきたい小物だけとなるのですが、これを持ち歩くのに小さなバッグは必要不可欠です。
サイズは持ち込むアイテムの数によって変わってきますが、時間を有効活用するためにもこうした持ち歩きに必要な道具は忘れないようにしましょう。
加えてこのバッグにいれて行きたいアイテムとなるのが水とタオルです。
まず水についてはトレーニング中の水分補給のために必要不可欠です。
もちろんミネラルウォーターが好みではないということであればスポーツドリンクなどでも構わないのですが、特に夏場などになると水分が少ない状態でトレーニングスペースに入ることもありますから、脱水症状などを起こさないために最低限の飲み物は確保しておかなくてはなりません。
おおよそのジムは自動販売機が置いてあったり売店が併設されているものですが、ここで売っているものは少々値段が高く設定されていることが多い上にトレーニングを中断して買い物に行くのもスマートではありませんから、普段から飲み物は携帯しておくと良いでしょう。
タオルについてはトレーニング中に流れた汗を拭き取るために使います。
汗をだらだら流した状態でトレーニングスペースを歩き回るとなると周りの人に不快な思いをさせてしまうことになりますし、何よりエアロバイクなど自分が座ってトレーニングをする機材を使う場合、使ったあとに自分が付着させてしまった汗を軽く拭いて次の人が気持ち良く使えるようにするのがスポーツマンとしてのマナーです。
これから自分が使おうとしている機材に他の人の汗が付いていたという時にも使うことができますから、タオルは自分の汗を拭くためのものと機材についた汗を拭くためのものの二種類と、あとは紛失などに備えての予備のタオルも持っていくと良いでしょう。
もしシャワールームやスパが併設されているということであればそこで使う分も用意して行くのを忘れないでください。
スポーツジムでのトレーニングは最初こそ緊張してしまいますが慣れると楽しいものです。
自分も周りの人も気持ちよく汗を流せるよう、マナーを考えて持ち込むアイテムを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です