ジムでダイエットするなら、週何回通うと効果的なのか?

ジムでダイエットをする時に「有酸素運動」をしている人は多いのですが、これだけでは効率的なダイエットをすることは難しいものです。有酸素運動は体への負担が比較的少ないというメリットがありますが、カロリー消費自体もそれほど多くはありません。その為、こればかりをしていては中々体重が減らないという状況に陥ります。

効果的なダイエット効果を得るためには「筋トレ」を組み合わせることが必要です。筋トレによって筋力量を増やし基礎代謝を増加させつつ有酸素運動を行うことが重要で、どちらか一方に偏ったトレーニングは効率・効果ともに低くなってしまいます。

具体的なダイエットプランとしては、筋トレ・有酸素運動・休養を週2回程度で組み合わせるという方法がおすすめです。全体で週4〜5回程度のトレーニングを行い、間でしっかりと筋肉を休めることで高い効果が期待できるようになります。

特に筋肉量を増やしていくためには「超回復」を活用することが大切です。超回復とは、簡単に言うと「トレーニング前よりも強く・大きく筋肉が回復するタイミング」の事を言います。筋力トレーニングによって負荷を受けた筋肉は、回復する際に「トレーニング前よりも少しだけ強くなる瞬間」があり、この状態を超回復と読んでいます。

毎日、強強度の筋力トレーニングを行っていると筋肉が回復するタイミングが無く、疲労が蓄積するばかりで「ステルネス(機能低下)」を引き起こしてしまいます。肉離れや疲労骨折などになってしまう可能性もある危険な状態です。

筋肉を効果的に鍛えていくためには「休養」が必須です。強強度のトレーニングで筋組織を破壊し、「その組織が強く回復してトレーニング前の限界値よりを超えたタイミングで再度トレーニングを行う」というプランニングを行う事で効率が飛躍的にアップします。筋力トレーニング間の休養期間は、どの程度の負荷を筋肉に与えたか(疲労しているか)によっても変わりますが、一般的に1~2日程度で超回復が起こることが多くなり、このタイミングを狙って筋力トレーニングを行うことが有効です。

1日目に筋力トレーニングを行い、2日目はストレッチ・ヨガなどで筋肉を回復させつつ、3日目に有酸素運動を行うといったプランニングでトレーニングをしていくとダイエット効果が高くなります。

どの範囲をジムで対応していくのかによっても違いますが、おおよそ週に3~4日程度もジムを利用すれば十分と言えます。筋力トレーニングと有酸素運動はジムで行い、ストレッチなどは自宅で行うという感じで自分の生活リズムに合わせて決めていくと良いでしょう。

それぞれのトレーニングには「適切な負荷」があります。これを超えて負担の大きなトレーニングを続けて行っても効果が比例して大きくなると言う訳では無いですし、継続が難しくなってしまう可能性もあるので十分に注意する必要があります。理論的にトレーニングを行うと良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です